名刺作成をweb上のツールで

低コストで名刺作成をwebからつくつ方法

働き方も休日の過ごし方もさまざまに多様化しているこの頃、フリーランスの方はもちろん、副業をされている方、趣味での集まりがある方など、個人での名刺作成を検討している方は増えてきています。今回はwebを利用した低コストの名刺作成方法をご紹介します。

テンプレートを探してデザインを自作する

web上には、無料で利用できる名刺テンプレートサイトなどが多数存在しています。「名刺テンプレート無料」などと検索をかければ、多数のサイトが表示されます。また無料テンプレートサイトをまとめてリンクを掲載してくれているブログ記事もあるので、数個の記事を参照すれば、お気に入りのテンプレートを見つけることが出来るでしょう。
完全に自分のオリジナル名刺とはいきませんが、無料のものでも、質の高いデザインのテンプレートは充分にあります。またテンプレートを探す根気があればある程、理想のデザインに近いものを探せる率も上がります。また、テンプレートを眺めていることで、自分の理想が固まってくる可能性もあるでしょう。名刺作成の際は、一度テンプレートサイトを見てみてください。

クラウドソーシングを利用してみる

簡単に言うと、「デザインは募集して、印刷手配は自分でする」という方法です。
段取りの大まかな流れは、クラウドソーシングのサイト上で名刺デザインを依頼し、応募者からの提案で一番気に入ったものを採用する、というものです。もしくはクラウドソーシングサイト上で、直接デザイナーさんを探し、連絡を取るという方法もあります。
このようなサイト上での依頼相場は2000円~5000円程度。こちらも根気強く探せば1000円台の破格で請け負ってくれるデザイナーさんもいるかも知れません。
クラウドソーシングのサイトに登録したり、依頼したり、連絡を取り合ったり、とweb上で何度もやり取りをする手間もありますが、デザイナーさんは名刺作成に関しての知識も多く持っているでしょうし、自分だけのオリジナル名刺作成ができるのがメリットです。

印刷屋さんのwebサイトでデザインから印刷まで一括でする

デザインはテンプレートで良いし、なるべく楽に名刺作成を済ませたい方には、印刷屋さんが展開している名刺作成専用サイトがおススメです。
このようなサイトでは、多いところでは1000種類ほどのテンプレートから気に入ったものを選ぶことが出来ます。
テンプレートを選んだら、内容、文字の大きさ・フォント等はあなたが自由に決められます。web上の編集ツールを使うサイトが多いですが、数社のサイトを見てみると、使い方も非常に分かりやすく簡単で、早い人なら30分もあればデザインから文字レイアウトまで決めてしまうことが出来ると思います。データ入稿までをひとつのサイトで行えることが利点ですが、加えて、印刷屋さんならではのオプションがあります。例えば、名刺をレーザーカットして形を変えたり、名刺の一部分をあえて穴をあける加工が出来るとか、半透明などの様々な紙質から選べるとか、そのようなメリットも魅力的ですね。