おしゃれな名刺作成

webで作る個性的なな名刺作成のポイント

名刺はビジネスだけでなく、個人でも交友を広げる為には必須のツールです。
個人が名刺を必要とするシーンは様々ですが、誰でも簡単に発注とはいきませんし、せっかく個人で名刺を使うなら、できるだけオシャレで個性的にしたいものです。そういった場合に、名刺作成をwebで依頼するポイントをご紹介します。

オンデマンド印刷なら小ロットに対応できる

名刺作成をwebで受注している会社のほとんどがオンデマンド印刷です。オンデマンド印刷とは、簡単に言えばカレーコピー機とオフセット印刷の中間くらいのもので、小ロットでコピーよりも高細密の印刷が可能です。オフセット印刷のように版を作る手間が要らないので、データさえあればいつでもスピーディに印刷してもらえます。価格もリーズナブルで、納期も短く、誰でも簡単に名刺が作れます。レーザープリンターで出力した時のような滲みもなくとても綺麗で、オフセット印刷との遜色もほとんどありません。webで名刺作成を請けている会社のほとんどが100枚単位で注文を受けてくれますから、作るたびにデザインを変えてみる、といったことも可能です。

デザインテンプレートを活用

IllustratorやPhotoshopといったソフトを持っていて、ある程度印刷の知識があるならば、名刺のデザインも自分で作ることができます。しかし、誰もがそういったアプリとソフトに恵まれているわけではありませんよね。Wordで頑張って作っても、デザイン性には限界があります。
名刺作成をwebで請けている会社には、あらかじめデザインテンプレートを用意しているところが沢山ありますからぜひ活用しましょう。一からデザインを発注するとデザイン料も高くなってしまいますが、テンプレートであれば安価に済ませられます。テンプレート利用であれば無料という会社もあります。テンプレートのみを配布しているサイトもあるので、利用するのもいいでしょう。

ユニークな変形デザイン

ほとんどの名刺は5.5×9.1cmサイズで、これを縦・横どちらに使うかが基本です。ですが、変わったサイズや形の名刺を配っている人もいますよね。名刺作成をwebで請けている会社には、変形サイズだけでなく自由な形に型抜きしてくれるところもあります。
細めの名刺にする、角を丸くする、星やハートといったマークの形に穴を空ける…といったことだけでなく、植物や動物のシルエットに型抜きしてくれる会社もあります。
紙ではない素材が使えたり、折り目・ミシン目で二つ折りが可能だったりと、様々なオプションがありますから、ぜひ探してみてください。webの名刺作成だと、印刷面のデザインだけでなく、形にもこだわった自分らしいユニークな名刺が作れます。